チラシの王様「コート」氏

正しくはコート紙です

印刷に使用できる紙は様々な種類がありますが、チラシなどを印刷する際に、最も定番なのがコート紙
ツルッとして光沢があり、文字やイラスト、写真などの発色も良い紙です。新聞折込やポスティングのチラシだったり、公共施設などでよく見かけるリーフレットもコート紙を使用していることが多いです。

1番人気は「コート紙90kg」

え?90kgって何?ですよね(^〇^)

紙の厚みは「〇〇キロ」と斤量(きんりょう)で表します。
斤量とは紙の厚さを示す単位のことで、原紙1,000枚の時の重さ(kg)で表していて、数字が小さいほど薄く、大きいほど厚くなります。またメーカーや用紙によっても若干厚さは異なります。

ラクスル/用紙の厚さ・重さガイド(チラシ・フライヤー印刷)

たくさん紙を触っていると、その紙がだいたい何キロなのかがわかるようになります。

コート紙90kgはどんな紙?

コート紙は表面をコート剤でコーティングしているので、普通紙と比べて滑らかで光沢があります。
90kgはほんとに厚過ぎず~薄過ぎず~の…気持ちちょい薄いかなー?な厚みです。ペラペラでもなくてしっかりし過ぎていないので軽くて利用しやすいです。そして「見やすい」ので人気が高いのでしょう!

ややしっかり目のチラシがいい場合は110kg。
ポスティングを想定して、なるべく軽い方がいいというご要望の場合は、73kgを用いる事もあります。

紙選びは楽しい!

コート紙に限らず、紙は厚みだけでなく、手触りだったり、発色だったりそれぞれの良さがあるので、紙選びはとても難しいのですが、それがまた楽しいです。

大西デザインでは、打ち合わせの際に、利用している印刷会社の紙見本や過去の制作物などを実際に触って見ていただいております!どの紙がいいのか迷った場合もお任せください(^^)

チラシは出来るだけ単価を抑えてたくさん配りたい!というお客様が多いです。用途によってお客様の要望に沿ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。