印刷の難しいところ

秋に開催されるイベントのチラシ→ポスター→リーフレット、制作物全ての納品が完了しました。
去年に引き続きご依頼頂いたもので、段取りはだいたい同じ(もちろん情報は違う)ですが、去年よりイイモノを!と張り切って制作させて頂きましたよ~!
去年と雰囲気の違うデザインをとても気に入ってもらえたのですが、チラシを印刷した際、使用した画像が予定より暗く出てしまいました(@_@;)

オオニシ

印刷の難しいところ、それは画像・・・(わたしの場合)

原稿確認はだいたい画像で行うことが多いです。
液晶モニターと印刷で発色や色味が異なるのは承知の上ですが…それ以上に暗い印象を…
使用した画像を再度調整し、ネットで印刷についても調べました。

毎回色校正できるなら安心ですが、、予算や納期の都合上、特にイベントのチラシなどの場合は出せないことが多いです。
また印刷費の安いネットプリントのデメリットの1つとして、印刷の色味が安定してない事も…。
複数のネットプリントを利用していて、ある程度、特性は抑えた上で制作していますが。いつも印刷はドキドキします!

モニターの色調設定Adobeのカラー設定を変更、入稿の際には何度も確認し祈るような想いでポスターとリーフレットを印刷に出しました。
無事に印刷物が届き「色もきれいです!!」とおっしゃって下さってホッとしました(T▽T)
今後も今まで以上に慎重に取り組みたいと思います。

この記事を書いた人

アバター

大西デザイン